対物賠償 対人賠償

柱は対物賠償と対人賠償

任意保険はいくつかの種類がありますが、その柱となるのが「対物保険」と「対人保険」です。

対物

それぞれの役割について説明していきましょう。

「対物保険」
対物賠償は、相手の車を壊してしまったり、民家を壊してしまったりと自動車事故によって物を壊した際に発生する賠償金です。
それら対物賠償を補償するのが対物保険です。
対物賠償は特にトレーラーなどにぶつかって中身の荷物を全て壊してしまったりすると1億円近くの損害賠償を求められることもあります。
そのため、対物保険に加入しておくのは必須といえるでしょう。
賠償補償金によって保険料が変わってくるのですが、ぜひとも「無制限」に加入しておくことをお勧めします。

「対人保険」
対人賠償とは、交通事故で相手を死亡させてしまったり、重傷を負わせてしまったり、怪我を負わせてしまったりした時に求められる賠償金です。
それら対人賠償を補償するのが対人保険となっています。
対人賠償は相手の怪我の状態や、交通事故の状況などにもよって変わってきますが、3億円程度に達することもあります。
相手の人生を補償するためにも、すぐに払わなければならないのが損害賠償ですので、対人保険は必ず加入すべき保険です
こちらも賠償補償金によって保険料が変わりますが、もちろんのこと「無制限」に加入しましょう!

自分は絶対に事故なんて起こさないから保険なんて必要ない、なんて考える方が事故を起こすのです。
万が一に備えて対物・対人保険に加入するのは、ほとんど義務といっていいほど必須です。絶対に甘い認識を持たないよう、ご注意ください。