等級制度

等級制度とは

自動車保険に加入する際に、皆様は「等級」というランク分けをされます。
こちらでは等級制度について簡単に説明させていただきます。

等級とは、その人の事故歴などでランク分けされるものです。
一般的に、等級は20段階に分けられています。
この等級が上になるほど自動車保険は割安になり、等級が下になるほど割高になるのです。

自動車保険に加入すると、皆様は6等級に位置付けられます。
そして、事故をすることなく等級が一段落上がり、7等級となります。
このように、事故歴が無いとどんどん上がっていき、それに伴い自動車保険料が安くなっていくのです。
逆に事故などを起こしてしまいますと、3等級程ランクダウンし、自動車保険料が通常より割高になります。
等級が同じでも事故歴の有無によって、自動車保険料は変わってきます。

つまり、自動車保険は自動車事故を起こさないとどんどん安く利用することが可能になるのです!
逆に事故を起こしてしまうと、自動車保険は高くなっていってしまいます。
考えてみれば、保険料が支払われていないのですから保険料が安くなっていくのは当然のことです。
しかし、毎回の自動車保険料がどんどん安くなっていくのは魅力的ですし、事故を起こしていないというのはそれだけで社会的信用を得ることができます。
事故を起こさないということは、人や自分を傷つけないだけでなく、自分自身の信用を高めることにもつながるのです。
常に等級制度を意識する必要はありませんが、自動車事故を防止しようとするモチベーションが高まるというものです。